ほとんどのホームページは埋もれてしまっている

“選ばれるホームページ”になっていますか?

ほとんどのホームページは他のホームページの中に埋もれてしまっています。ここでいう「埋もれる」とは、上位表示されていないことではありません。

上位表示されていても、埋もれることがあります。

なぜかというと、他と同じような内容・見え方になっていることがあるからです。

いくら商品サービスに独自性があっても、ホームページ上で表現されていないというのはよくあるケースです。表現されていないということは、対象のお客さまからも特徴が見えないのですから、選ばれるための要素がそもそもありません。

つまり、埋もれている状態ですね。

まず、埋もれないような商品サービスを持つ必要がありますし、埋もれないような商品サービスを持っていたとしてもホームページ上で埋もれないような表現をしなければいけません。

このあたりのことは、ランチェスターを身に付けていくと理解できるところです。

ホント、ほとんどのホームページは埋もれてしまっているので注意してください。

→コピーライティングのことならワードメーカー株式会社|ワードメーカー株式会社のホームページはこちら